新着記事

2007年09月03日

グッドウィルドームの貴公子

2日の日曜日、日本犬保存会では我家から巣立った子犬達やその孫らの、晴れの舞台が・・・・

埼玉のグッドウィルドームでは、地方選を勝ち抜いて、ハイジャンプ&ハイスピード&総合競技に出陣してくるミライの弟【クロベー】の晴れ舞台が・・・・

残念なことに妖怪妖怪とよくいわれる私も、分身の術は使えない。
旦那と悩んだあげく、甲斐犬の仲間の「埼玉へ行って」のあったかい声援もあり、1年ぶりにクロベーに会いに行くことにした。


去年はクロベーは招待選手として招かれていたが、今年は堂々の県代表だ凄いね〜。
ボーダーコリーやボルゾイやオーストラリアンシェパード・・・ここぞとばかりに、その能力を見せつけるスプリンターの中で、グレートデンはたった1頭、クロベーのみだ。

クロベーはハイジャンプで1mの記録を出した。
もちろんそれよりも成績の素晴らしい犬はいたけれど、自分の体高よりも高いバーを、あの巨体で飛び越すクロベーに、私は勲章をあげたかった。

12時からのハードル競技は3m間隔のハードルが円をかいてリンクに置かれ、その数十コのハードルを全て飛びながらゴールまでのタイムを競う。
歩幅の大きなデンにとって、3mの間隔は、あまりにも狭い。
そんなリスクをものともせずに、クロベーは黒い疾風となった。
10秒05のタイム・・・涙が溢れる。
風のようにかけぬける、黒い稲妻・・・・その姿は、若かりしころのアーシェスの姿そのままだった。

若い頃のアーシェスは、驚くほどスプリンターだった。
野山をカモシカのように駆け回り、甲斐犬たちを振り切るスピードとバネに目を見張った。
そんな、アーシェスを私たちは野山でしか生かすことは出来なかったが、クロベーの飼い主さんのN氏は、クロベーの能力を引き出してくれて、全国の人達の応援の中、生き生きと愉しそうに走るクロベーを育ててくれた。

ありがとうございます・・・・
母親譲りのスピードとバネ、父親譲りの明るさと逞しい体、そしてクロベーの目の色はお爺ちゃんのジャズの色。

心が震える感動をありがとう。
そして、この力強さをそのまま妹のダイナに手渡します。
この漲るパワーで病める飼い主を導くために、ダイナ、がんばれ!!!

クロベーからもらった元気いっぱいバトンを、hanasirouさんに手渡します
兄弟達よ、また来年も同じ姿で会おうね。
嬉し泣きさせておくれ。。。。

番外編:::::お供で出かけたミライ&motoko

motokoにとっては、初めての人混み&犬混み(笑)
どんな態度をとるのかなぁ?とおもいきや・・・全然へぇ〜〜〜〜ちゃらなmotokoさん
触られまくっても「ご飯くれるの???」
写真撮られると、カメラにカプッ「これ、ご飯???」

おやつを売ってるお店の前で「あっここだご飯」

ワンコにいきなりお尻かかれて驚いた意外は、なんとなく平気なmotoko。
とっても良い経験になったことでしょうね。

そして・・・アーシェスが居ないお出かけは初めてのミライ・・・・流石にmotokoを連れているせいなのか??ビビル様子はないけれど、なんとなく無理してる感じはアルよね〜
「飯・飯」いってる、motokoに影響されてか?買ってあげた3000円もする無添加おやつを、食べまくった。
が・・・オシッコもウンピもまだ会場に来てから一度もしてないし。
一応motokoをかばって先導していたミライだったが、会場を出て、道路の入った瞬間「オッェェェェェェェェ========」と3000円のおやつのうち1000円は吐いたよぉ===
ミライの吐いた程良く半生になったおやつに飛びついて食いまくるmotoko........
お前には、緊張っちゅうーことはないんかっ!!

帰りの車ではバタンキューのミライ。
ギンギンのmotoko。

幼稚園生の初めての遠足は、家に着いてもギンギンにはしゃぎ回り、やっと落ち着いたので夕方ご飯にしたら、インスリンが回ったとたん。。。。。パタンと倒れるように寝て、朝まで死体のようでした(爆)
やっぱり、疲れてたんじゃんね。
よく頑張りました

ニックネーム 翔ママ at 19:41| Comment(17) | TrackBack(0) | アーシェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする