新着記事

2007年05月28日

離乳食が始まったよ^^

m11.jpg

子犬達も、4週目を迎えて、益々元気いっぱい

ミルクもお皿で飲めるし、起きて遊んでいる時間も長くなってきた。

いよいよ、離乳食を開始してみます。

缶詰の子犬用離乳食をスプーンで1杯あげてみると・・・・

アッという間に群がってきて、ペロリンチョ。@@

それでは、もう少し・・・・ドドドドドドドォォォォォ
4匹で押しくらまんじゅうでした

子犬はお昼寝から目覚めたときと、オッパイを飲んだ後は必ず、オシッコタイムです。

毎回それを利用して、トイレの躾の第一歩を踏み出させるのですが、今回の子犬はそれも早熟ですよぉ〜。

試しに新聞を引いたエリアに入れると、ちっちゃいお尻をかがめて、「ウゥ〜〜〜んウゥ〜〜〜〜ン」とうんぴしてくれました偉い子ぉー

「ワンツー。ワンツー」とかけ声かけて、上手にオシッコ出来たら、ホメホメです。

食事が始まると、またグウーンと大きくなるんだよね。

抱っこ出来るのも今の内・・・しっかりこの子たちの温もりと、ちっちやい柔らかい体の感触を、この手に焼き付けておかなきゃ。
きゅーと抱きしめると、私の口を無心に舐めます。

離乳食の始まりは、私の口から始まります。

流動食を口に含んで、なめさせることから始まる我家の始の一歩。

この子たちも、潜在意識の中に、【人は常に我らの主であり友である】ことを、刷り込みます。

ミライは今でも、私の口を慈しむように舐めます。舐めると、必ず美味しいものが出てきたからです。

目をつぶり、優しくそぉ〜と舐めてきます。

体は大きくなっても、子犬の頃に備わった、3つ子の魂は永遠なのだと、私は信じて育ててきました。

だから、我家の子犬達は、いくつになっても激甘犬なのかもしれませんが・・・・

ニックネーム 翔ママ at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | アーシェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

うっすら、お目目が開いてきた!!

昨日の夜、オッパイをあげていたら、うっすらお目目が開いているのに気が付いたよ

昼間は開いてなかったのにねぇ〜

もう、すこし体を持ち上げて、ふらぁ〜ふらぁ〜しながらだけど、四つ足歩行するんだよ。

長女【ポッキン】2.15k

次女【ミニミィー】2.2k

3女【ミニアーシュ】2.3k

4女【レディ・ドミ】2.9k

飛び抜けてでかい!!レディ・ドミちゃん。

ドイツ系まっしぐらって感じです

画像が間に合わなくて。。。ごみんね。
ニックネーム 翔ママ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アーシェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

GW忙しかった・・・けど、幸せでした。

m2.jpg

1日にアーシェスのお産があって、とにかくいつも我慢してくれている犬たちに、ご奉公と毎日毎日犬三昧のGW。

夜中の授乳があるから、朝はお寝坊だよぉ〜。

それでも甲斐たちは、ちゃんとだまって待っていてくれる。

可愛い奴。。。。。朝、外の緑を眺めながら、朝風呂に入り清々しく河原へ散歩に出かけ、帰宅してのんびりと食事をし、子犬の面倒と、がんばったアーシェスを抱きしめて・・・・

普段なら、旦那の2コの携帯電話は、仕事の話でなりっぱなしだけど、なんにも鳴らない携帯電話。。。なんか不思議だし、幸せ。

いつもは、忙しさの中で、早く!!早く!!とコンスタントに、犬の世話をする。

GWは世話をするのではなく、一緒に楽しむ。。。。全然違う。

友達が沢山訪ねてきて、お話しに花咲いて・・・なんにもしなかったGW・・・でも、充実してたぁ〜〜〜〜

毎日寝不足だったし、しんどかった。

疲れはいっこうに取れなかったけど、犬たちと久しぶりに庭のベンチで大声あげて笑ってはしゃいだ。

お前達。。。本当に可愛いね。

いじらしくって、けなげで、誇り高くて、我慢図良くて・・・・
窓越しに、乳を飲ませているアーシェスを、のぞき込んでいる、甲斐の女の子たち。

パパもママも付きっきりのアーシェスの所を、羨ましそうにのぞき込み、子犬を見つめて、尻尾を振っている。

虎桜や夜耶虎は子供が好きだもんね。。。。

大きくなったら、また遊んであげてね。

授乳中でも、アーシェスは決して子供を隠そうとしない。

むしろ、甲斐たちに見せてくれる。

ケイザン婦だから余裕があるのか?大らかに子育てしてる。

幸せな連休でした。。。。るんるん

ニックネーム 翔ママ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アーシェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

5月1日生まれのお姫様

m1.jpg
4月30日の昼間のこと、なにやらガリガリガリと巣作りを始めていたアーシェス。

怪しいね〜〜〜〜〜と思い、付きっきりでいましたが、なんにも変わらず。。。。
夜になり、私はお風呂へ。

旦那は付き添って犬舎の中で居眠り・・・旦那がトイレに行き、私は、風呂あがりで2階からおりてきました。

旦那「アァ==============!!!破水してる!!・・・・・だけじゃねぇ〜〜〜〜〜〜〜。産れてる」

なんと!!!

トイレに行っている数分の間に、1子目を産み落としていたのでした。

あせったぁ〜〜@@

第1子目は、500gのハルクイン・・・女の子でした。

体を拭いたり、お乳に吸い付かせたりしていたら、いきなり立上がり、「オエェ=========!!!」と叫ぶアーシェス。

ふと見ると第2子目の誕生でした。

その間たったの15分(爆)

忙しいったらありゃしない。

第2子目は600gのハルクイン、ミライの生まれたてにそっくりな白の多い・・・女の子でした。

お乳を吸いながら、ウッウッウッと声を出して飲んでいる、この小さな命・・・無事に産れてきてくれてありがとう。

1時間後、またウンチングスタイルになったアーシェス。

今度は出てきた羊膜の色は黒!!!やったぁ〜〜〜。ブラックだ。

第3子目はアーシェスにそっくりな白足袋はいたブラック、630g・・・女の子です。

その後が長かった。。。。。。

数時間経過の後、やっといきみ始めたよ〜

出てきた羊膜の色は白。

介助して子犬を羊膜ごと持った瞬間。立派な男の子!!!!と思った。

ずしっと重たい体と大きな頭骨。やったぁ〜〜〜ハルの男の子!!!???と思ったら、かなり逞しい女の子でした(汗)

第4子目、680g父親のドミノに似てる骨太な女の子。体の班もお父さんとよくにて居ます。

レントゲンでは胎児は5匹。

最後の子供がまだ出てこない・・・・
1日の夜、獣医へアーシェスを連れて行きました。

お腹の子犬の生存を確認するためです。

エコーをかけたら、なんと!!!子犬はまだ骨盤の所にほど遠い所で、しっかりしんぞう動いてました。

獣医いわく骨盤の中に入っていないので、まだまだ時間はかかります。今は様子見ましょう。でした。

私も同感でした。

骨盤内に侵入していれば、陣痛促進剤を使って、その場で出産という手が一番適切だったでしょうが、まだおりきっていない子供の位置を考えると、誘発剤で、そうとう長い時間苦しむことになります。

5才過ぎという年齢も考えて、ハイリスクな強攻策はとらず、自然にまかせる道を選択しました。

今か今かと旦那と2人2日目の徹夜の夜は、さきに産れている4姫を2時間〜3時間おきに授乳させて、後産のきついアーシェスに旦那はぴったりと寄り添って夜をあかしましたが、やはりいきみが来ることはなく、2日目のあさ、やっと誕生した子は、死産でした。

第5子目、アーシェスにそっくりな白足袋はいた大きなブラックの男の子でした。

1時間の蘇生術もむなしく、彼は誕生した空気を吸うこともなく、天国に返ってしまいました。

最後の子供はとても残念な結果ではありましたが、子供が詰まればアーシェスは手術!!!4匹の子犬は、その間人口哺乳でそだてなければなりません。

今回の交配の目的は、5才になったアーシェスの跡継ぎとして、部ブラックの牝を取ることが第一目標でした。

ドイツで禁じ手になっている、ハルクイン同士の交配。

日本では、普通に行われています。

ハルクインとして産れたミライに婿をとればいい話ですが、ミライに乗せられる牡は、ブラックです。

今日本国内で、ブラックの数はとても少なく、血筋の結合を考えると、ミライに婿を探すことは、とても難しいように感じています。

牝としての大役を果してくれたアーシェスに心から感謝ですね。

私たちもヘロヘロですが、産後の回復がスムーズに行くように、最前を尽くしてやらなきゃです。

それにしても・・・・連休中でたすかったぁ〜〜〜

ニックネーム 翔ママ at 12:19| Comment(7) | TrackBack(0) | アーシェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする